交通事故の過失割合 | 岐阜市交通事故治療むち打ち治療.com

たかはし鍼灸接骨院

たかはし鍼灸接骨院 058-232-3434

たかはし鍼灸接骨院 map

岐阜バランス整骨院

岐阜バランス整骨院 058-201-5454

岐阜バランス整骨院 map

接骨院の上手な通院方法

こんな症状でお悩みではありませんか

まず、大事なのは些細な違和感でもそのままのせず治療する事です。

病院や整形外科で診断後、接骨院との併院が可能です。レントゲンやMRIではわからない原因の痛みを接骨院で治療ができます。

交通事故後の接骨院の通い方|岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院

交通事故に遭った場合に病院へ受診すると、治療、リハビリも整形外科を勧められます。整形外科ではレントゲンやエコーMRIの精密検査と薬、湿布などの投薬、また注射が行われます。レントゲンでは骨折を写すことが出来るのですが、神経の損傷や筋肉の状態を確認することが出来ません。

画像診断で問題が発見されないため、レントゲンで「異常なし」と診断されて、筋肉の痛み、神経からくるシビレ等の治療をしてくれない病院もあります。

また病院によっては、リハビリの先生が常時不在のため、手技による施術をせずに、電気治療とマッサージベッドだけの病院もあるのが現状です。

初期対応が遅く、神経や筋肉の損傷の状態がそのまま放置された結果、後遺症が残ってしまう可能性があります。
レントゲンで異常ナシと診断されたのに傷みが改善されていない、病院ではリハビリせず、このまま安静にして本当に良くなるのか不安、早く身体を元の状態に戻して仕事やスポーツに復帰したい!このような方は特に来院をおススメしています。

自分の身体にある、違和感や不調は気のせいではありません!心配な方は、岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院へご相談ください。

医療機関(病院・整形外科)では、診断・投薬などを主に行うことになりますが、接骨院では筋肉や骨格の異常を的確に判断できます。そのため、レントゲンでは異常が無いのに改善されない痛みや不調は接骨院に通院することをお勧めします。何より接骨院では、手による検査、施術を大切にしています。

以下に交通事故直後、症状による通院方法についてまとめました。

1. 交通事故直後

交通事故に遭って痛みが出た場合は、まず第一に医療機関(病院・整形外科)に通院し、診断を受けて頂くことをお勧めします。
患者様自身が痛いところ伝えないと診断を受けられないこともあります。そこで、少しでも痛みが出ている個所については念のためレントゲンを撮ってもらうように医師に依頼してください。

事故直後は痛みがなくても時間が経つにつれ、新たに痛みの出る部位が出てくることもあります。
時間が経過してから違う部位に痛みが出た場合も必ず診断を受けておきましょう。

2. 症状による通院方法

◇骨折と骨折後のリハビリ
医療機関で骨折などの診断名が出た場合は、医療機関で経過を診ながら通院することが必要です。 但し、医療機関で施したギプスが外れた後は、リハビリが必要になります。
接骨院での骨折後のリハビリは、手技、筋力トレーニング、ストレッチを行います。岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院では自然治癒力が上がる、微弱電流治療や、疼痛除去のためにハイボルテージ電気治療を積極的に使用しています。

ギプス除去後も関節は不安定のため当院オリジナルのテーピング固定も行っています。
勿論、医療機関で経過を確認しながら、接骨院でのリハビリと併せて通院しましょう。

◇むち打ち、腰痛

むち打ちや腰痛は、しっかりと完治させないと後遺症になることがあります。接骨院では、レントゲン等ではわからない関節や筋肉の異常を治療して、後遺症を残さないようにします。
当院では筋肉、関節の痛み、こわばり、神経のからくるシビレに対してハイボルテージ電気治療を行い、疼痛除去、筋緊張緩和を行います。症状の安定してきた患者さまには、関節の動きの悪さ、再獲得のために、トータルバランス骨盤矯正治療も提案しています。
医療機関では定期的に検査を受け体の状態を把握します。その後は接骨院に通い後遺症の残らない体作りをしましょう。

たかはし鍼灸接骨院へのお問い合わせ・ご予約はこちら。

岐阜バランス整骨院へのお問い合わせ・ご予約はこちら。